金合金・白金加金 歯科用K18買取価格

金合金・白金加金 歯科用K18買取価格

本日の歯科用K18買取価格

2022年01月21日

¥41,948

前日比買取価格-178円

  1. 2022年01月21日
  2. 2022年01月20日

相場情報

2022/01/21国内金相場は前日の急騰が一服し反落↓一方、パラジウムは価格水準を切り上げ節目の8,000円台に浮上↑

【金相場】20日のNY金相場は、売り買いが交錯しほぼ横ばい圏での値動きに。中心限月の2月限は1トロイオンス1842.60ドル(-0.60ドル)と、小幅安で取引きを終了。前日に2カ月ぶりの高値を付けたことで買いが一巡。この日は高値警戒感から利益確定の売りが先行した。また、米国株高を背景に投資家のリスク回避姿勢が後退し、安全資産とされる金は売られやすい展開となったほか、米長期金利が高止まりする中で対ユーロでドルが上昇した事も金の上値を抑える要因となった。ただ、ウクライナをめぐって欧米諸国とロシアの外交関係が悪化するなど地政学リスクへの警戒感や、インフレ懸念が強まる中でインフレヘッジとして金を買う動きも依然として根強く午後にかけては買い戻され、結局前日終値水準まで値を戻して引けた。

国内の金相場は、NY相場を映してマイナス圏へ反転。買取ベースでは1gあたり7,348円(-32円)と、前日に付けた約2週間ぶりの高値から値を下げる展開となりました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

01/21  7,348円 (-32円)

01/20  7,380円 (+84円)

01/19  7,296円 (-14円)

01/18  7,310円 (+21円)

01/17  7,289円 (-2円)

01/14  7,291円 (-46円)

01/13  7,337円 (-33円)

01/12  7,370円 (+79円)

01/11  7,291円 (+11円)

01/07  7,280円 (-82円)

10日間の金相場平均価格:7,319円/g



【パラジウム相場】20日のNYパラジウム相場は、ロシア・ウクライナ情勢の緊迫化による供給不安を背景に買い地合いが継続。中心限月の3月限は1トロイオンス2073.70ドル(+65.30ドル)と、3営業日続伸し、中心終値では昨年11月18日相場以来およそ2ヶ月ぶりの高値を更新して取引きを終了。この日は米国株式相場が上昇スタートとなった事を受け、投資家心理が改善されパラジウムにも買いが旺盛となった。また、ウクライナを巡る地政学リスクの高まりなど目先の供給不安も引き続き意識され上げ幅を拡大。相場は一時2085ドルを付けるなど一段高となった。一方、ドルがユーロに対して堅調となった事から割高感が意識される場面もあったが、テクニカルな買いに支えられ、そのまま高値圏を維持して引けた。

国内のパラジウム相場は、一段高となったNY相場を映し上げ幅を拡大。買取では1gあたり8,173円(+181円)と、4日続伸し、前日同様に昨年11月22日相場以来およそ2ヶ月ぶりの高値となりました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

01/21  8,173円 (+181円)

01/20  7,992円 (+380円)

01/19  7,612円 (+55円)

01/18  7,557円 (+16円)

01/17  7,541円 (-16円)

01/14  7,557円 (-132円)

01/13  7,689円 (-99円)

01/12  7,788円 (+5円)

01/11  7,783円 (+138円)

01/07  7,645円 (+22円)

10日間のパラジウム相場平均価格:7,734円/g


12:00現在の金相場は1トロイオンス1847.75ドル、パラジウムは2051.70ドル、為替は1$113円72銭前後の値動きで推移しております。

2022/01/21本日の金パラ価格

GC キャストウェル M.C.の買取価格76,900円(+600円)、その他の12%金パラの買取価76,500円(+600円)、開封品の金パラジウム買取価格が1,951円(+20円)と、本日地金の金はマイナス圏に転じ上値追い一服となった一方、パラジウムが強地合いを維持し一段高となった事から、金パラも堅調地合いを維持し上げ幅を拡大。連日で年初来高値を更新し、前日同様11月22日相場以来およそ2ヶ月ぶりの高値となりました。

現在、貴金属は世界情勢や為替動向など様々な要因から価格変動が激しくなっており、金パラ相場も値動きが荒く乱高下する場合が御座います。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

2022/01/21本日の地金価格-金・パラジウム・銀・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金7,348円(-32円)、パラジウム8,173円(+181円)、銀96.36円(+0.55円)、プラチナ4,109円(+29円)と、国内貴金属は金を除いて堅調地合いが継続。金はNY相場が小幅安に転じた事を映し、国内でも値を下げ反落。前日に付けた約2週間ぶり(1月5日来)の高値から値を落とした一方、銀は4日続伸と堅調地合いを維持し、前日同様に昨年11月22日相場以来およそ2ヶ月ぶりの高値を更新。また、白金族のパラジウム・プラチナも強地合いを維持し一段高に。パラジウムは供給不安からNY相場が連日で上げ幅を拡大した事で、国内でも節目の8,000円台に乗せるなど価格水準を切り上げ一段高に。連日で11月22日相場以来およそ2ヶ月ぶりの高値を更新し、プラチナは11月19日相場以来およそ2ヶ月ぶりの高値となりました。

2022/01/2120日 海外貴金属相場

【20日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1842.60ドル(-0.60ドル)

銀:2471.60セント(+48.50セント)

パラジウム:2073.70ドル(+65.30ドル)

プラチナ:1050.80ドル(+22.40ドル)

本日の金合金買取価格

01/21

46,100

前日比買取価格+250円

本日の歯科用K18買取価格

01/21

41,948

前日比買取価格-178円

トップに戻る